お気軽に楽しめるハイキングから本格的なトレッキングまで。ネパールをはじめ世界の山旅はヒマラヤ観光開発へ!

ネパール

憧れのマナスル・氷河・ピナクルに大接近

ヘリコプター利用 感動のマナスル展望11日間



ロー村より黄金に輝くマナスル

サマのテント場より望むマナスル北峰(7,157m)

静かなシャラ村

プンゲン氷河。朝に染まる逆さマナスル

サマ村から氷河湖へ日帰りハイキング

黄金に輝く収穫の時期(秋)

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ツアーのポイント

・感動のマナスルをあなたも!
・臨場感溢れるテント場
・この上ない美しい自然の造形を目にする

ロー村

感動のマナスル

トレッキングの道中マナスルを美しくみられるポイント“ロー村”、“シャラ村”、“プンゲン氷河”、“サマ村”にそれぞれ滞在します。ハイライトはプンゲン氷河からのマナスルの展望です。ここからの景色hあヒマラヤ好きにはたまらない景観です。登山家さながらの氷河近郊のテント場で時折聞こえる雪崩の音。夜間は凛とした厳しい冷え込みとなります。そして朝焼けに刻々と色が変わっていくマナスル、ピーク29を眺める静かな時間は、一生忘れることができないものとなるでしょう。ぜひ“感動のマナスル”へお出かけください。
マナスル登攀ルート概念図

日本山岳史の足跡

1956年5月9日、二音を代表する日本山岳会マナスル登山隊は初登頂を成し遂げ、ヒマラヤの歴史に名を馳せます。1953年の1次隊は7,750mまで到達、2次隊は予期せぬ様村からのボイコットを受け断念という経験を経ての快挙でした。
日本人の心の山ともいえるマナスルですが、ネパールとチベットの国境に聳え、その全容を見ることは容易ではありません。カトマンズからポカラへの国内線でマナスル三山を見ることはできますが、ほんの数分のフライトです。ぜひこの美しいマナスル、そしてピナクルを初めて日本人が登った方面からじっくりご覧いただきたい、その感動を味わっていただきたいとの思いを込めて日程を組みました。
ヘリコプターを有効利用

ヘリコプターを有効利用

マナスルへのトレッカーが少ない原因のひとつにカトマンズからのアプローチの長さがあります。歩くと全行程20日以上の日数がかかりますが、日数、体力が心配な方でも、この美しいマナスルをご覧いただける内容になっています。
地名 スケジュール 食事
各地
バンコク
午前
空路、バンコクへ。
午後
到着後、ホテルへ。
バンコク泊/ホテル
朝:なし 昼:機内 夕:あり
バンコク
カトマンズ
午前
空路、カトマンズへ。
午後
到着後、ホテルへ。
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:機内 夕:あり
カトマンズ
ロー(3,150m)
午前
ヘリコプターにてロー村へ。秋には黄金の麦、紅葉で色づく山と真っ白いマナスルが迎えてくれることでしょう。
午後
美しいマナスルを見ながら滞在。
ロー泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
ロー
シャラ
(3,550m)
終日
朝焼けのマナスルをお楽しみください。
川沿いの気持ち良い道をシャラへ登ります。(歩行約3時間)
シャラ泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
シャラ
プンゲン氷河
(4,050m)
終日
平坦な道を進むと、プンゲンへの分岐点から登りとなります。氷河から流れる水を見ながら傾斜のある登りを進むとマナスル、ピーク29が正面に見えてきます。ゆっくり高度を稼ぐと大パノラマが広がるプンゲン氷河手前のキャンプ地です。(歩行約4時間)
感動のマナスル展望を楽しみながら、お過ごしください。
プンゲン氷河泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
プンゲン氷河
サマ(3,800m)
午前
朝焼けに輝くマナスル、ピーク29をご堪能ください。小さな水たまりには逆さマナスルが写ります。
朝食後、サマ村へ向かいます。(歩行約4時間)
午後
到着後、ゆっくりとお過ごしください。
サマ泊
朝:あり 昼:あり 夕:あり
サマ
氷河湖
BC方面
サマ
終日
サマ近郊散策にご案内します。
湖から聳えるマナスルを望む氷河湖へ。
BC方面途中の展望地へ。
サマ泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
サマ
カトマンズ
午前
ヘリコプターにてカトマンズへ戻ります。
午後
自由行動。
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:なし 夕:なし
カトマンズ
終日
自由行動。【フライト予備日】
オプショナルツアーなどでお楽しみください。
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:なし 夕:なし
10 カトマンズ
バンコク
午前
自由行動。
午後
空路、バンコクへ。空港にて乗り継ぎ便を待ちます。
空路、帰国の途へ。
機中泊
朝:あり 昼:機内 夕:なし
11 各地
午前
到着後、解散。
朝:機内 昼:なし 夕:なし
出発日/旅行代金 2017年10月25日(水) ¥620,000
2018年3月10日(土)  ¥620,000
 
発着地 東京(羽田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)、名古屋(中部)、福岡
※札幌(新千歳)発着につきましては、詳細をお問い合わせください。
一人部屋追加費用 ¥37,000
最小催行人数 8名様
添乗員 日本より同行しますが、発着地によってはバンコクからバンコクまでとなります。
食事条件 朝食:9回、昼食:5回、夕食:7回
利用ホテル バンコク:ツインタワー/グランドインカム/ミラクル
カトマンズ:マッラ/マナスル/ユーカン/サンセット・ビュー
航空会社 タイ国際航空
備考 ・上記旅行代金の他に各地空港税、燃油サーチャージ[約11,000円]が必要となります。
('17年3月15日現在)
・'17年3月15日現在、燃油サーチャージの徴収はありませんが、原油価格変動により徴収が再開される場合があります。予めご了承ください。 
【ネパールツアーの注意事項】
★天候等の理由により国内線の遅延・欠航などの変更が生じる場合があります。当社ではそれに備え予備日を設けていますが、やむなく旅程の一部を変更させていただく場合があります。
★トレッキング中は原則として相部屋(ツイン)利用となります(ホテル・エベレスト・ビューも含む)。
★ご参加者に疾病あるいは傷害が発生した場合、当社又は現地手配会社の判断で下山、あるいは安全な場所での待機をしていただく場合があります。それに要した費用、またヘリコプター等の交通機関の費用、治療費は全てお客様負担となります。※海外旅行保険のご案内をご参照ください。