お気軽に楽しめるハイキングから本格的なトレッキングまで。ネパールをはじめ世界の山旅はヒマラヤ観光開発へ!

ネパール

秘境の村と5,000mの峠

最奥の村プーとナー探訪とカン・ラ(パス)越え 20日間



秘境プー村

ナー村

ナー村に置かれたたくさんのマニ石

カン・ラ

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

ツアーのポイント

21世紀に解放されたヒマラヤ秘境の村をプーとナーを探訪します。まだほとんど紹介されていないヒマラヤ・トレッキングコースです。カン・ラからはマナスルを始めとるすヒマラヤの展望がお楽しみいただけます。既に何度もネパールに行かれている方にもお勧めのツアーです。

24-02

現代の秘境プーとナー

21世紀になって初めて外国人の入域が許可されたプーとナー村。
まだ訪れる人は少なく、まさに現代に残されたヒマラヤの秘境です。村には連泊するので、たっぷりとお楽しみいただくことができます。
また、最奥の村プーでは知られざるヒマラヤのビューポイントにもご案内します。
すでにネパールに何度も行かれた方にもお勧めしたいコースです。
カングラ・パスにて
クリックで拡大表示

スケジュール 食事
1

各地 → アジア都市 → カトマンズ

カトマンズ泊/ホテル

朝:機内
昼:機内
夕:なし

2

カトマンズ → ベシサハール(760m)《約8H》

ベシサハール泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

3

ベシサハール → コト(2,600m)《約8H》

コト泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

4

コト → チャムジェオダール(2,930m)《約5H》

チャムジェオダール泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

5

チャムチェオダール → メタ(3,560m)《約5H》

メタ泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

6

メタ → チョコ(3,800m)《約5H》

チョコ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

7

チョコ → 最奥の村プー(4,080m)《約7H》

プー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

8

プー【休養日】

プー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

9

プー → キャン(3,820m)《約4H》

キャン泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

10

キャン → ナーフェディ(4,100m)《約4H》

ナーフェディ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

11

ナーフェディ → ナー(4,100m)《約5H》

ナー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

12

ナー【休養日】

ナー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

13

ナー → カンラフェディ(4,530m)《約3H》

カンラフェディ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

14

カンラフェディ → カンラ・パス(5,300m) → ンガワール(3,660m)《約8H》

ンガワール泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

15

ンガワール → ピサン(3,200m)《約4H》

ピサン泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

16

ピサン → チャーメ(2,670m)《約5H》

チャーメ泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

17

チャーメ → ベシサハール《約8H》

ベシサハール泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

18

ベシサハール → カトマンズ《約8H》

カトマンズ泊/ホテル

朝:あり
昼:なし
夕:なし

19

カトマンズ

機中泊

朝:あり
昼:なし
夕:機内

20

アジア都市 → 各地

朝:機内
昼:なし
夕:なし

出発日/旅行代金 2018年10月1日(月)、2019年4月1日(月) ¥588,000
 
 
発着地 札幌(新千歳)、東京(成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡
一人部屋追加費用 ¥12,000
最小催行人数 4名様
添乗員 8名様以上の場合、カトマンズからカトマンズまでとなります。
食事条件 朝食:18回、昼食:16回、夕食:16回 ※機内食は含みません。
利用ホテル カトマンズ:ホーリーヒマラヤ/フジ/タメル/ブルーホライズン/ブリス・インターナショナル
航空会社 大韓航空、キャセイパシフィック航空
備考 ・上記旅行代金の他に各航空諸税[約21,000円]が必要となります。('18年3月1日現在)
【ネパールツアーの注意事項】
★天候等の理由により国内線の遅延・欠航などの変更が生じる場合があります。当社ではそれに備え予備日を設けていますが、やむなく旅程の一部を変更させていただく場合があります。
★トレッキング中は原則として相部屋(ツイン)利用となります(ホテル・エベレスト・ビューも含む)。
★ご参加者に疾病あるいは傷害が発生した場合、当社又は現地手配会社の判断で下山、あるいは安全な場所での待機をしていただく場合があります。それに要した費用、またヘリコプター等の交通機関の費用、治療費は全てお客様負担となります。※海外旅行保険のご案内をご参照ください。