お気軽に楽しめるハイキングから本格的なトレッキングまで。ネパールをはじめ世界の山旅はヒマラヤ観光開発へ!

ネパール

秘境の村と5,000mの峠

最奥の村プーとナー探訪とカングラ・パス越え20日間



秘境プー村

ナー村

ナー村に置かれたたくさんのマニ石

カングラ・パス

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ツアーのポイント

・21世紀に解放された秘境の村を探訪します。
・まだほとんど紹介されていないトレッキングコースです。
・達成感あるカングラ・パス越えもご期待ください。

24-02

現代の秘境プーとナー

21世紀になって初めて外国人の入域が許可されたプーとナー村。
まだ訪れる人は少なく、まさに現代に残されたヒマラヤの秘境です。村には連泊するので、たっぷりとお楽しみいただくことができます。
また、最奥の村プーでは知られざるヒマラヤのビューポイントにもご案内します。
すでにネパールに何度も行かれた方にもお勧めしたいコースです。
カングラ・パスにて
クリックで拡大表示

スケジュール 食事
1

各地 → ソウル → カトマンズ

カトマンズ泊/ホテル

朝:なし
昼:機内
夕:機内

2

カトマンズ → ベシサハール(760m)《約8H》

ベシサハール泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

3

ベシサハール → コト(2,600m)《約8H》

コト泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

4

コト → チャムジェオダール(2,930m)《約5H》

チャムジェオダール泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

5

チャムチェオダール → メタ(3,560m)《約5H》

メタ泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

6

メタ → チョコ(3,800m)《約5H》

チョコ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

7

チョコ → 最奥の村プー(4,080m)《約7H》

プー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

8

プー【休養日】

プー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

9

プー → キャン(3,820m)《約4H》

キャン泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

10

キャン → ナーフェディ(4,100m)《約4H》

ナーフェディ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

11

ナーフェディ → ナー(4,100m)《約5H》

ナー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

12

ナー【休養日】

ナー泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

13

ナー → カングラフェディ(4,530m)《約3H》

カングラフェディ泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

14

カングラフェディ → カングラ・パス(5,300m) → ンガワール(3,660m)《約8H》

ンガワール泊/テント

朝:あり
昼:あり
夕:あり

15

ンガワール → ピサン(3,200m)《約4H》

ピサン泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

16

ピサン → チャーメ(2,670m)《約5H》

チャーメ泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

17

チャーメ → ベシサハール《約8H》

ベシサハール泊/ロッジ

朝:あり
昼:あり
夕:あり

18

ベシサハール → カトマンズ《約8H》

カトマンズ泊/ホテル

朝:あり
昼:あり
夕:あり

19

カトマンズ

機中泊

朝:あり
昼:なし
夕:なし

20

ソウル → 各地

朝:機内
昼:なし
夕:なし

出発日/旅行代金 2018年4月20日(金)、5月7日(月) ¥575,000
 
 
発着地 東京(羽田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)、名古屋(中部)、福岡
※札幌(新千歳)発着につきましては、詳細をお問い合わせください。
一人部屋追加費用 ¥27,000
最小催行人数 4名様
添乗員 8名様以上の場合、日本から同行しますが、発着地によってはソウルからソウルまでとなります。
食事条件 朝食:18回、昼食:17回、夕食:17回 ※機内食は含みません。
利用ホテル カトマンズ:マッラ
航空会社 大韓航空、キャセイパシフィック航空
備考 ・上記旅行代金の他に各地空港税、燃油サーチャージ[約10,000円]が必要となります。
('17年3月15日現在)
・'17年3月15日現在、燃油サーチャージの徴収はありませんが、原油価格変動により徴収が再開される場合があります。予めご了承ください。
【ネパールツアーの注意事項】
★天候等の理由により国内線の遅延・欠航などの変更が生じる場合があります。当社ではそれに備え予備日を設けていますが、やむなく旅程の一部を変更させていただく場合があります。
★トレッキング中は原則として相部屋(ツイン)利用となります(ホテル・エベレスト・ビューも含む)。
★ご参加者に疾病あるいは傷害が発生した場合、当社又は現地手配会社の判断で下山、あるいは安全な場所での待機をしていただく場合があります。それに要した費用、またヘリコプター等の交通機関の費用、治療費は全てお客様負担となります。※海外旅行保険のご案内をご参照ください。