お気軽に楽しめるハイキングから本格的なトレッキングまで。ネパールをはじめ世界の山旅はヒマラヤ観光開発へ!

ネパール

ゴーキョで究極のブルーポピーと出会う

天空の花畑探訪 夏のゴーキョ20日間



レンジョ・パスにて

ヘリコプターでシャンボチェへ

この時期、農作物が育ち緑豊かな大地となります。

マッチェルモに到着

ゴーキョから世界第7位チョ・オユーの展望

幻の花ブルーポピー

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ツアーのポイント

夏1回だけの限定企画、夏のゴーキョをトレッキング!ブルーポピーが有名なゴーキョをめざし、夏を謳歌する高山植物の花畑を訪れます。白い雪を付けた穏やかな山容となる雨期のヒマラヤをお楽しみください。2度目のヒマラヤ、2度目のエベレスト街道はぜひ夏の季節にゴーキョへのトレッキングをご計画ください。雨期に備え、4日間のフライト予備日を確保!

夏のゴーキョ

夏のヒマラヤ天空の花畑探訪

雨期のネパール
ネパールは6月上旬から雨期に入り、瑞々しい世界へと変わります。乾期の間、赤茶けて見えていた耕作地には農作物が育ち、緑の大地に生まれ変わります。カトマンズの街中で多くみられる街路樹ジャカランタは6月中旬過ぎに美しい紫の花をつけ、雨で湿りがちな気持ちを華やいだ気分にしてくれます。雨雲に覆われた空一角から太陽の光が盆地内に差し込み、雨空に七色の虹が浮かび上がる不思議な景色もこの時期ならではの風景。 雨期のネパールは乾期とは違った魅力を秘めています。

チョ・オユー
夏のヒマラヤ
ヒマラヤの7,000m、8,000m級の峰々は雨期の降雪でその姿を白く彩ります。偏西風の影響を受け、普段は真っ黒に見えるエベレスト南西壁も、この時期は白い雪を付けた穏やかな山容に変わります。
乾期に比べヒマラヤの峰々が見える確率は低くなりますが、雲の合間から白い頂きが見えた時の感動とその美しさは言葉を失うほどです。
2度目のヒマラヤ、2度目のエベレスト街道は、是非、夏の季節にご計画ください。想像もつかない世界がそこにあります。


41-03 ポルツェ村 モンラから望むアマダブラム

白銀のヒマラヤ展望
山麓は瑞々しい緑と高山植物の彩られる一方、夏のヒマラヤは美しく雪化粧します。
雲の切れ間からのぞく白いヒマラヤをぜひお楽しみください!
ホテルから望むポルツェ村
ホテル・エベレスト・ビューから対岸に見えるポルツェ村。雨期の期間、耕作地は緑におおわれ、大地の豊かさを感じさせる光景です。
モンラから望む
雲の中のアマダブラム

緑豊かな草地には家畜が放牧され、のんびりとした時間が過ぎています。雲の中から現れた白いアマダブラムは、山麓の緑と素晴らしいコントラストを見せてくれます。
神秘的な色合いを見せる湖 ブルーポピー レンジョ・パス越え

神秘的な色合いを見せる数々の湖
ゴーキョ谷にはいくつもの湖が点在します。ひとつひとつ違った色合いを見せる湖は生命を持った存在のようにも思えます。
ブルーポピー
キング・オブ・サマーフラワー。透き通るほどのブルーの花びらは高山植物の中でも最も美しいと言えるでしょう。
レンジョ・パス越え
レンジョ・パスでは、高山植物の植生が変わりワタゲトウヒレンなど新たに多くの植物を鑑賞することができます。


地名 スケジュール 食事
1 各地
バンコク
午前
空路、バンコクへ。
午後
到着後、ホテルへ。
バンコク泊/ホテル
朝:なし 昼:機内 夕:あり
2 バンコク
カトマンズ
午前
空路、カトマンズへ。
午後
到着後、ホテルへ。
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:機内 夕:あり
3 カトマンズ
ルクラ
(2,940m)
シャンボチェ
キャンヅマ
(3,550m)
午前
空路、国内線、ヘリコプターにてシャンボチェへ。
到着後、キャンヅマへ。(歩行約3時間)
午後
村の散策をお楽しみください。
キャンヅマ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
4 キャンヅマ
ポルツェ・タンガ
(3,680m)
終日
モンラの坂を登り、樹林帯の中にあるポルツェ・タンガへ。(歩行約4時間)
ポルツェ・タンガ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
5 ポルツェ・タンガ
ラバルマ
(4,330m)
終日
緩やかなアップダウンを繰り返しながら、樹林帯を過ぎ、カルカ(牧場)の村ラバルマへ。(歩行約5時間)
天気が良ければ、世界第6位の高峰チョ・オユーが望めます。
※樹林帯を過ぎたあたりから高山植物が多くみられます。
ラバルマ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
6 ラバルマ
マッチェルモ
(4,410m)
午前
一面の花畑の道をマッチェルモへ。(歩行約3時間)
午後
花散策。(休養)
マッチェルモ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
7 マッチェルモ
パンガ
(4,480m)
午前
花々が咲き誇るカルカを抜け、ゴジュンバ氷河の舌端の村パンガへ。(歩行約2時間)
午後
花散策。(休養)
パンガ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
8 パンガ
ゴーキョ
(4,750m)
午前
岩陰に咲くブルーポピーを探しながら、可憐な高山植物が咲く湖畔をゆっくりとゴーキョへ。(歩行約2時間)
午後
天空の花畑散策をお楽しみください。
ゴーキョ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
9 ゴーキョ
ゴーキョピーク
(5,360m)
ゴーキョ
終日
ゴーキョに滞在します。ゴーキョピーク登頂やブルーポピーなど花畑散策をお楽しみください。 ※ゴーキョピークまで登り3時間/下り1時間
ゴーキョ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
10 ゴーキョ
終日
トレッキング予備日。
ゴーキョ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
11 ゴーキョ
レンジョ・パス
(5,345m)
ルンレ
(4,290m)
終日
ゴーキョレイクの北端から山腹に上がり、レンジョ・パスへ。途中、岩礫地に咲くワタゲトウヒレン等の珍しい高山植物を鑑賞。緑豊かな草原をルンレへ。(歩行約7時間)
ルンレ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
12 ルンレ
ターモ
(3,490m)
終日
緑に包まれた山腹道をターモへ。(歩行約5時間)
ターモ泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
13 ターモ
ホテル・エベレスト・ビュー
(3,880m)
午前
ボーテ・コシ沿いに下り、シャンボチェからホテル・エベレスト・ビューへ。(歩行約3時間)
午後
ホテルにてごゆっくりおくつろぎください。
ホテル・エベレスト・ビュー泊
朝:あり 昼:あり 夕:あり
14 ホテル・エベレスト・ビュー
シャンボチェ
ルクラ
カトマンズ
午前
シャンボチェへ。空路、カトマンズへ。
午後
自由行動。
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:あり 夕:あり
15

18
カトマンズ
終日
自由行動。(フライト予備日)
カトマンズ泊/ホテル
朝:あり 昼:あり 夕:あり
19 カトマンズ
バンコク
午後
空路、バンコクへ。空港にて乗り継ぎ便を待ちます。
空路、帰国の途へ。
機中泊
朝:あり 昼:機内 夕:なし
20 各地
午前
到着後、解散。
朝:機内 昼:なし 夕:なし
出発日/旅行代金 2017年6月26日(月) ¥565,000
 
 
発着地 東京(羽田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)、名古屋(中部)、福岡
※札幌(新千歳)発着につきましては、詳細をお問い合わせください。
一人部屋追加費用 ¥34,000
最小催行人数 4名様
添乗員 8名様以上の場合、日本より同行しますが、発着地によってはバンコクからバンコクまでとなります。
食事条件 朝食:18回、昼食:11回、夕食:14回 ※機内食は含みません。
利用ホテル バンコク:ツインタワー
カトマンズ:ホーリーヒマラヤ/フジ
航空会社 タイ国際航空
備考 ・上記旅行代金の他に各地空港税、燃油サーチャージ[約10,120円]が必要となります。
('16年6月20日現在)
・'16年6月20日現在、燃油サーチャージの徴収はありませんが、原油価格変動により徴収が再開される場合があります。予めご了承ください。
【ネパールツアーの注意事項】
★天候等の理由により国内線の遅延・欠航などの変更が生じる場合があります。当社ではそれに備え予備日を設けていますが、やむなく旅程の一部を変更させていただく場合があります。
★トレッキング中は原則として相部屋(ツイン)利用となります(ホテル・エベレスト・ビューも含む)。
★ご参加者に疾病あるいは傷害が発生した場合、当社又は現地手配会社の判断で下山、あるいは安全な場所での待機をしていただく場合があります。それに要した費用、またヘリコプター等の交通機関の費用、治療費は全てお客様負担となります。※海外旅行保険のご案内をご参照ください。