お気軽に楽しめるハイキングから本格的なトレッキングまで。ネパールをはじめ世界の山旅はヒマラヤ観光開発へ!

アジア

南イニルチュク氷河から天山山脈の最高峰ボベーダと名峰ハンテングリを望む

ニュー ホワイト・トレッキング12日間



カルカラBC(イメージ)

メルツバヘル草原からの夕景

コスモスキーキャンプでのひととき

南イニルチュク氷河BC

天山山脈最高峰ボベーダ峰

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ツアーのポイント

天山三脚最大の氷河イニルチュク氷河をトレッキング。ヘリコプターを利用して行程を短縮しました!天山山脈の最高峰ボベーダ峰と名峰ハンテングリの大展望をお楽しみください!

45-01

キルギス

キルギス共和国は中央アジアの中心に位置する旧ソ連の共和国でした。現在も独立国家共同体(CIS)の加盟国です。 キルギスの人は大変親日家です。「キルギス人と日本人は兄妹だ」という人が特に中年以上に多くいます。理由ははっきりしませんが、顔が似ている事、日露戦争での奇跡的な日本の勝利、第2次世界大戦でキルギスに拘留された日本人の功績が大きいと言われています。
ハンテングリ峰

南イニルチュク氷河BC

イニルチュク氷河は、天山山脈最大の氷河で極圏にある氷河を除けば世界で3番目に大きな氷河と言われています。
その氷の量はキルギス全土を海抜3mまでを覆い隠せると言われています。
南イニルチュク氷河BCは、標高約4,100m、天山山脈のまさに中心地という理想的な場所にあり、最高峰・ボベーダ、名峰・ハンテングリを眼前に望むことができる絶景地です。
このツアーでは、BCに2泊しその迫力ある展望を楽しみます。

ヘリコプターで移動
体験!ヘリコプターで移動
トレッキングの前後はヘリコプターで移動します。
眼下に広がる大氷河、そして連綿と連なる天山山脈の連なりを堪能してください。

快適な常設テント
体験!すべて常設テントで快適なトレッキング
トレッキング中の宿泊は全て常設のテントです。
マットも用意されており、食事は食堂テントでお召し上がりいただきます。

トレッキングの行程

【5日目】 メルツバヘル草原→コスモスキーキャンプ(歩行約7時間/約12km)
※トレッキング初日が一番長い行程です。
メルツバヘル草原を出発 氷河上を歩く コスモスキーキャンプ
メルツバヘル草原を出発 ショコラル氷河を歩く コスモスキーキャンプ

【6日目】 コスモスキーキャンプ→ディキーキャンプ(歩行約6時間/約7km)
※モレーン上の上り下りが大きく体力を要します。
コスモスキーキャンプを出発 ディティーキャンプへ向かう ディティーキャンプ
コスモスキーキャンプを出発 ディティーキャンプへ向かう ディティーキャンプ

【7日目】 ディキーキャンプ→南イニルチュク氷河BC(歩行約6時間/約8km)
※いよいよ最終目的地「南イニルチュク氷河」へ!
ディキーキャンプを出発 南イニルチュク氷河BCへ! 南イニルチュク氷河BC
ディキーキャンプを出発 南イニルチュク氷河BCへ 南イニルチュク氷河BC
地名 スケジュール 食事
1 各地
アルマトゥイ
午後
空路、ソウル経由、アルマトゥイへ。
到着後、ホテルへ。
アルマトゥイ泊/ホテル
朝:なし 昼:機内 夕:なし
2 アルマトゥイ
カルカラBC
(2,200m)
終日
専用車にてカルカラBCへ。(所要約8時間)
カルカラBC泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
3 カルカラBC
メルツバヘル草原
午前
ヘリコプターにてメルツバヘル草原へ。
午後
休養。
メルツバヘル草原泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
4 メルツバヘル草原
終日
予備日
前日にメルツバヘル草原に到着した場合は、先に進みます。
メルツバヘル草原泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
5 メルツバヘル草原
コスモスキーキャンプ
(3,800m)
終日
モレーン上を登り下りを繰り返しながらコスモスキー氷河へ。(約12km、歩行約7時間)
コスモスキーキャンプ泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
6 コスモスキーキャンプ
ディキーキャンプ
(3,900m)
終日
氷柱石を縫うように進み、一部氷河を高巻きながらディキーキャンプを目指します。(約7km、歩行約6時間)
ディキーキャンプ泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
7 ディキーキャンプ
南イニルチュク氷河BC
(4,100m)
終日
岩や氷に覆われた氷河上を流れる小川や湖を見ながら南イニルチュク氷河BCへ。(約8km、歩行約6時間)
南イニルチュク氷河BC泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
8 南イニルチュク氷河BC
終日
氷河BCに滞在。最高の展望をお楽しみください。
南イニルチュク氷河BC泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
9 南イニルチュク氷河BC
カルカラBC
午前
ヘリコプターにてカルカラBCへ。
午後
到着後、自由行動。
カルカラBC泊/ロッジ
朝:あり 昼:あり 夕:あり
10 カルカラBC
終日
予備日。
周辺の花散策や乗馬等でお楽しみください。
(乗馬などは、別途費用が必要です。)
カルカラBC泊/テント
朝:あり 昼:あり 夕:あり
11 カルカラBC
アルマトゥイ
終日
専用車にてアルマトゥイへ。
夕食後、専用車にて空港へ。
空路、ソウル経由、帰国の途へ。
機中泊
朝:あり 昼:あり 夕:あり
12 各地
午前
到着後、解散。
朝:機内 昼:なり 夕:なし
出発日/旅行代金 2017年7月25日(火) ¥468,000
2017年8月22日(火)  ¥468,000
 
発着地 東京(成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡
一人部屋追加費用 ¥25,000
最小催行人数 6名様より催行
添乗員 日本より同行しますが、発着地によってはソウルからソウルまでとなります。
食事条件 朝食:10回、昼食:10回、夕食:10回 ※機内食は含みません
利用ホテル アルマトゥイ:オタール/カズホル/アスタナ/カザフスタン
寝袋をご持参ください。
航空会社 アシアナ航空
備考 ・上記旅行代金の他に各地空港税、燃油サーチャージ[約7,000円]が必要となります。
('16年12月1日現在)
・上記日程は天候その他の事情により変更になる場合があります。